フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

花降る生活 di JKT

  • Photo_2
    JKTでもお花を楽しんでいます♡チャリティーイベントでブーケやコンポジションをお伝えしております。ご参加心よりお待ち申し上げます☆

花降る生活

  • 070
    お花からほんの少し元気をもらいませんか?  レッスンでアレンジしたお花やお気に入りのお花たちです。

s-Porcelarts

  • Img_4431b
    帰国後は自宅サロンのOPENが出来れば幸せです☆ポーセラーツを楽しみませんか?

swinco's table

  • Photo
    「おもてなし」のメニューを紹介しています♪一部、swinco's kitchenのものもあります☆

swinco's nails

  • Img_5701
    「指先から」シリーズです。 季節やそのときの気分で・・・♪

s-LABO

  • Photo_6
    swincoが下手なりにも楽しんで作った子達ですっ☆ (注:凝視厳禁っ)
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月26日 (日)

南スイス ティチーノ地方と北イタリアの旅 ~イタリア ストレーザ①~

<5日目 いよいよイタリア領へ>
ミラノから1DayTripとしてガイドブックによく紹介されいる湖水地方は、コモ湖やレッコ湖、マッジョーレ湖。 この旅では、スイスからレンタカーでの移動だったので、ルート上マッジョーレ湖のストレーザという街へライブしました。

        Img_5006aa

ロカルノのチメッタから見下ろしたマッジョーレ湖を湖沿いにドライブ。お天気もいいし最高のドライブ日和!
途中、スイスとイタリアの国境を越えストレーザに到着♪ 

ストレーザでのお目当ては、マッジョーレ湖の遊覧です。
オフィシャルな遊覧船乗り場もあるのですが、乗り合いの客引きしているおじさんの船へ乗ることに。金額も変わらず、出航時間までの待ち時間も無いので、効率的に観光することができました☆
        Img_5019
マッジョーレ湖には、ボッロメオ諸島がありいくつかの島があります。
この旅では、ペスカトーリ島とベッラ島を回ります。

Isola dei Pescatori(ペスカトーリ島)
かつては、ペスカトーリ=漁師 の名の通り、漁師の住む家がつらった島だったそうです。 見えてきました☆
  Img_5156

現在は、湖畔沿いに素敵なレストランやホテルが並んでいます。
 Img_5072 Img_5063
 Img_5058_2 Img_5051
小さな路地裏も漁師の島の名残が。。。
 Img_5097 Img_5083

とっても可愛い島でした。ルガーノで行ったガンドレアとは違い、観光地化されているのでとっても活気があります。
 Img_5146_2

湖岸のベンチで一休み。 おじさん(船長さん)の船が来るのを待ちます♪
     Img_5068
       

ココで、番外編♪旅先で出会った子供達、第4弾は、『将来は船長』君。一生懸命、おじさん(船長さん)のお手伝いをします。(右)はロープをひっぱって、乗客が下船しやすいように船を船着場へ固定さてます。
 Img_5020_3 Img_5158  
(下)船頭に座ってる。すごい>< ってか、日本ではありえません!う、動いてるのに・・
        Img_5157_2

将来の夢は、船長になることだって!!わぁお☆ きまってるーー♪
        Img_5047

少し長くなったので、今日はこのへんで。
今日もお付き合いありがとうございました。

次回は、ボッロメオ諸島で一番大きく最も美しい島とされているベッラ島(ボッロメオ宮殿)をご紹介します。

To Be Continued・・・

        

2009年7月23日 (木)

南スイス ティチーノ地方と北イタリアの旅 ~サッソ・コルバーロへ~

<4日目 ドライブの続き>

素晴らしいスイスの山やマッジョーレ湖を見渡すことが出来たロカルノ。そこから北上し、次に目指したのは、ティチーノ州の州都であるベリンツォーナ。

ベリンツォーナは、イタリアからのアルプス越えの拠点として戦略的に重要な位置にあり、古くから栄えた歴史的な町だそうです。3つの古城と町を取り囲む城壁はアルプスに残る中世の貴重な要塞モデルとしてユネスコの世界遺産に認定されました。

スフォルツァ家によって15世紀に建てられた森の中の古城で、世界遺産に認定されているカステッロ・ディ・サッソ・コルバーロを目指します。(トップ写真は、HPより拝借)

        03_2

細い山路をどんどん車で進みます・・・
        Img_4989

途中迷いながらも、なんとか到着~♪
中世の要塞としての重厚なお城です。圧倒的存在感は今も尚、健在。といったところでしょうか。きっと悲しくも勇敢な歴史を刻んできたことでしょう。

        Img_4966 

既に時間は18時を過ぎています。(ロカルノでちょっと長居しすぎたかな?)
でも、こんなに晴れて素晴らしい眺めです。

眼下には、モンテベッロ城が見えます。
        Img_4978
時間がなくて、コルバーロ城のみの見学でした(しかも、博物館は既に閉まっていました(爆))。でも、とって素晴らしいドライブになったことは、言うまでもありません。

 Img_4961 Img_4969

葡萄がなっているカフェテラスもありました☆閉まってる。。残念。
 Img_4970 Img_4975
 Img_4982 Img_4983

旧市街には石畳の道や広場、アーチ型の回廊、美しい教会などが数多く残っており、散策しながら随所に伝統の古都としての雰囲気を感じることができるハズだったのに、既に体力の限界・・・。旧市街地には行かず、ルガーノへ戻ることにしました。

※ベリンツォーナを起点として、アルト・ティチーノAlto Ticinoと呼ばれる北部地方へのエクスカーションもおすすめだそう。
レヴェンティーナ谷やブレニーオ谷などアルプスにつながる谷でワイルドな大自然の風景が楽しめる。と事前に調べてはいましたが。今回は、時間がないので断念。
もし、またいつの日か来ることがあれば、是非、北部へも足を伸ばしてみたいです。。
あーーー。もう一回訪れたい・・・・・※

今日でスイスともお別れ。
ルガーノのホテルへ戻って荷造りがまっています。。。。
(最後の晩餐の写真は、この後のミラノで盗まれたカバンの中・・・(泣))

 

次回は、いよいよイタリア領へ移動します
北イタリアの湖水地方ストレーザのご紹介です♪ 

今日も長々とお付き合いありがとうございました。

To Be Continued・・・

2009年7月20日 (月)

おもてなし ~嬉しかった一日~

今日は、義両親とばぁばが遊びに来てくださいました☆
家が出来てから、ちゃんとお招きするのは初めて♪ 
お父さんやお母さんに手料理を振舞うのは、実に何年ぶり!? 
        Img_5896aa

ウェルカムドリンクは、先日のお茶会で分けていただいたPéché Mignon(ぺシェ ミニオン) 
エピセリ・ド・プロヴァンスのローズシロップ(添加物は一切使わずナチュラルな優しい香りと軽い甘みのシロップ)をお好みで入れて頂きました。
        Img_5881      

お茶会では、アイスティーを濁らせずに、美味しく頂く煎れかたを教えて頂いたので、早速実践!!
とーっても上手に入れることが出来ました。(自画自賛)
お父さんも、『この、のほかにフルーティーな香りがするのは何かな?と美味しいね。』と喜んで頂けて、私も嬉しい限り♪

メニューは、来月、遊びに来ていただくお友達の予行演習としたので、今回はUPしないでおきます!!
(あっ、両親も了承済み(爆)です。いわば実験台!?ゴメンナサイ。お父さん、お母さん、ばぁば><)

お母さんからこんな素敵なリネンのディッシュクロスを頂きました。
とっても使いやすそうで、嬉しい♪♪(勿論、手作りですよーー☆)
        Img_5920bb

お料理も皆さん『美味しいっ☆』と言ってくださって、私もとっても嬉しかったです。
久々に、『誰かのために作る』ことが出来て、楽しかったです。

メニューの全貌は、8月にUPしたいと思います(笑)

是非、また遊びに来てください♪お料理作ってまってまーす☆

2009年7月17日 (金)

Jardin des papillons

東京のど真ん中とは思えない、都会の喧騒とは無縁のような、美しい空間がそこにはありました。
       1_img_5707aa

THE O DORさんとPrefereさんのコラボイベントへお邪魔させて頂きました。
Chinois Tea Salonさんのローズティーパーティーに参加させて頂いて以来、紅茶が好きになった私。

そんな私にとっては、夢のようなティーパーティー☆
       Img_5670

THE O DOR JAPANさんからも美味しい紅茶の入れ方を教わったり、創始者でありブレンダーであるギョーム・ルール氏のお茶に対する愛情の深さを教えて頂いたり、トークショーさならがの軽快で愉快なお話は、非常楽しく、ためになりました。

そして、akko先生が織り成すお花の世界は、素晴らしく、夏のお茶会にぴったりな作品ばかり。
テーマである Jardin des papillons まさにお庭にひらひらと舞う蝶をイメージさせるテーブルコーディネートに、しばし見惚れてしまうのです。。。
       Img_5678

夏におすすめのフレ-バ-ドティ-5種類を頂きました。

Péché Mignon(ぺシェ ミニオン)
       Img_5713
夏の乾いた喉を爽やかに潤してくれて、とっても気に入りました。一口飲んで清涼感を感じた後は、ローズシロップを入れて頂きます。グラスもとっても素敵です。

Privilege(プリヴィレッジ)
       Img_5728
こちらのグラスの演出も素敵でしょ?こちらはsghrのものだそうです。
ルイボスティーがベース。ミントの香りが柔らかく漂います。モロッコの王様のオーダーだとか・・・

このほか、素敵なカップやグラスで頂く紅茶はどれも美味しく、一つ一つ、作り手のイメージやストーリー、紅茶缶のデザインの意味などを丁寧に教えてくださりました。

なんとも素晴らしい夏の一日でした。
おもてなしする時の参考に出来ればいいなぁ。。そんな風に思います。

また機会がございましたらどうぞよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

2009年7月16日 (木)

南スイス ティチーノ地方と北イタリアの旅 ~ロカルノへドライブ~

<4日目 ロカルノへドライブ>

ちょっと長くなるので読み飛ばすか、気合を入れてからどうぞ(笑)
         Img_4745

旅行準備中にスケジュールを立てた後、ヒューに見せたら・・・
       
『別にいいけど、この距離感って、【東京駅から東海道で大船までいって、その後、川崎にに戻って、そんでもってまた戻って戸塚で泊まる】って感じだよ。そんな、ちょこちょこ回って楽しいの??』だって(怒)
東海道に乗ってる人なら、誰でも『あーーー。なるほど。』と感覚がつかめてしまう程、分かりやすーい距離感の説明に、怒り半ば笑が止まりませんでした。

なんと言われようと、いいのです。
コーディネーターswincoの実力を分かってくれるはず☆
じゃじゃーん、レンタカーを借りたのです♪

最終的には、素晴らしい景色に出会えた事にお褒めのお言葉を頂きました(爆) 

そーでしょーとも。そーでしょーとも。
忙しいあなたに代わり、色々調べてご用意させて頂きましたよ、わたしゃー。

前置きが長くなりましたが、
では、ドライブの模様とロカルノへの小旅行、始まりマース♪

お供は、可愛いアルファロメオ☆これでも一番小さい車を予約。
軽自動車はないので、1300かな?十分です☆
         Img_4727

日本で事前予約をしておきました☆
通常、ハーツやヨーロッパカーは、ネットから簡単に予約できますが、今回は『ルガーノで借りてミラノで返却する。』という’国を跨いだ乗り捨て。’だったので、ネットではなく窓口対応。
HISが日本ハーツの代理店をしてたので楽でしたよ♪
手数料が1000円かかりますが、今回の旅は、HISで格安航空券を買ったのでタダ♪

レンタカーで気をつけたいのは・・・
①国際免許を取得してくださいね。日本の免許と一緒に携帯して運転します。

②右側通行、左ハンドル、マニュアル車なので、運転にはご注意を☆
オートマははっきり言ってありません。
スペインもそうでした・・・何故ないかと言うと『オートマは運転が楽しくないから』だそう。ホンマに~??

(え??私ですか??ふふふ。全く問題ございませんことよ。
何を隠そう、マニュアル車歴が長いのです。。高校卒業と同時に免許をとり、大学生時代にはコツコツバイトでお金をため、自分の車を買いました♪社会人の時は、赤いセリカGT4ワイドが愛車でした☆社員寮で愛車をもくもくと洗車する女性社員は、いまだかつていなかったそうな(爆)・・・その後、首都高で69キロオーバーで一発免停になり、結婚を機に手放しました(・・・遠い目・・・おっと、話が脱線しちゃった。。)

③カーナビも皆無ですから、地図は必須アイテムです。
(iPhoneなどはカーナビ並みの威力らしいです)iPhoneどころか携帯ローミングをしていないので、ミシュランの地図を事前にアマゾンで購入しました。ミシュランといってもレストランのミシュランガイドではないですよ(爆)さすがタイヤのメーカーですね。地図持ってドライブして、タイヤをすり減らして、またタイヤ買ってね。ってこと??かな(爆) あ、ミシュランガイドも持って。ってことかしら??


またまた前置きが長くなってしまった。

いざ、ロカルノへ
途中、マクドへ寄りました♪世界のマクド。何故かほっとします。カプチーノやコーヒーを頼むと小さなチョコが付いてきます♪
 Img_4764 Img_4756
 Img_4778 Img_4750

ロカルノは、スイスで最も標高の低いマッジョーレ湖畔にあり、椿やマグノリアの花々、ヤシの木々が育つ温暖なリゾート。街のあちこちにマグノリアが咲き乱れていました。

でも、今回は、湖ではなく展望台カルダーダ Cardada、さらに上のチメッタCimettaにのぼります。
 Img_4784 Img_4786

ロープウェーで中腹まで上ると、
        Img_4943

クリーム色の聖堂が印象的な「マドンナ・デル・サッソ Santuario della Madonna del Sasso 」が表れます♪きれーー☆
        Img_4938
そして、さらに、マリオ・ボッタ設計のケーブルで結ぶ展望台カルダーダ へ向かいます。
        Img_4793
カルダーダに到着♪
 Img_4808aa_2
うすーい雲の層が見えます。眼下にはマッジョーレ湖。

Img_4809 Img_4819_2   
Img_4817_2 Img_4794
まさにポスター通りのリフトに乗って、上へ上へ・・・チメッタを目指します。

途中、『旅先で出会った子供たち』第3号の遠足軍団と仲良しになりました。

ある男の子が、1~10までの数字を日本語で言えたのです(笑)一生懸命、話してくれるのですが、イタリア語全く分かりません><ごめんねーー。
二人で、一緒に日本語で数字を数えます。
『い~ち、にぃ~い、さぁ~ん。。。ごぉ~お。。。じゅぅ~う☆』
心は通じ合えたかな(笑)
『何歳?』と聞いたら、指を数えて、『はち』と言ってくれました♪可愛いすぎる。

そんなやり取りをしてると、他のみんなも興味津々!!私の周りに、じりじり子供達が近寄ってきます。
『ジャポネーゼ??』またまた聞かれました。
そーだよーー☆お姉さんは日本人だよー。

最後は皆で、1~10までイタリア語で何度も大合唱!!
あまりの楽しさに写真を取り忘れてしまいました。残念><

       Img_4939

さて、話はもどって☆
チメッタに到着~♪マッジョーレ湖と河口、小さな浮島もみえます。
Img_4855

空が綺麗☆ 遥か遠くにアルプスの山々も見えます。
        Img_4865
気持ちがいい・・・
Img_4854 Img_4866

お昼は、こんな素敵なロッジで頂きました☆ビール最高っす。
冬はスキー場になるそうです。
Img_4898 Img_4905

そして、リフト券は往復なのに。。。ヒューが急ぐわけでもないから歩こうって言うので。。
そりゃ、トレッキングコースだけど。。。1時間以上、山をゆっくり下っていきます。
(私の日焼けは、これが原因だな。。。)

疲れたけど、素晴らしい風景に出会えました。
Img_4871 Img_4933_2
ベンチも可愛い☆ 牛だっていました。カウベルがカランコロン響きます。。。

えーーーっ!?  マジで・・・・・チャリっすか!?ここで???
       Img_4911

沢山写真はありますが、相当重たくなるので、厳選しました(笑)
今日長々と付き合いありがとうございました。

次回は、ティチーノ州の州都である ベリンツォーナへのドライブです。ユネスコの世界遺産に認定さた「カステル・グランデ Castelgrande」コリバーロ城をお届けします。

To Be Continued・・・

2009年7月15日 (水)

指先から ~夏本番~

今月のネイルはこちら
         Img_5619bbb

ネイビーにシルバーのラインを入れてちょっぴり大人モードに
舵の模様がキュートでしょ
右手にはイカリもあるんですよー。

(先月の旅行中は、『メロンソーダ』でしたが、UPする時間がありませんでした。残念。
モルコーテのジェラートを持っている指に注目してくださいね(爆))

2009年7月12日 (日)

南スイス ティチーノ地方と北イタリアの旅 ~モルコーテ 最高のジェラート

貴族の館があったり、随所にノスタルジックな雰囲気が漂っていた小さな村。モルコーテ。

可愛い石畳の細いいくつもの坂を下りると、小さな店やレストランが並ぶアーケードがあります。その対面は、美しい湖・・・・
湖の上には可愛いりリストランテ☆
        Img_4714


それは、アーケードをずーっと奥に進むとありました。

今まで食べた事がないくらいに美味しいジェラート屋さん。
鳴門渦子さんに教えてもらいました♪

朝、来たときは閉まっていたので、どこか分からず、ひょっとしたら10年以上前だからお店も廃業してるかも・・・なんて残念な気持ちで一杯でしたが、再度、行ってみると☆☆ 

きゃぁーーー☆絶対、このお店だと確信しました。

だって、地元の人たちで大賑わい!!中々お店に入れません。
        Img_4697
毎日、おじさんが味見をしながら作るという、手作りジェラート♪
鳴門渦子さん。ちゃんと見つけることができましたーーー☆ありがとうございます。


「旅先で出会った子供たち」第2号は、こちらーーー♪ジェラートガールズ☆
        Img_4703
私も~っ。私も~っ☆☆ 次は私ぃ~。
うしし。 おじさんもジェラートもだ~いすき♪
        Img_4704
えへへ。えへへ。 写真撮って~♪ えへへ、えへへ。
        Img_4705

大人も子供もみんな、おじさんが作るジェラートが大好き♪
「以前、ルガーノに住んでいた日本人の友達に教えてもらって来た」と伝えると、とっても喜んで下さったご主人。

カメラを構えると、「ちょっと待って!」といって、お店の奥からとっておきの帽子をかぶって再登場♪ なんて、素敵なおじさん。

みよ!この笑顔!!!
        Img_4706
この笑顔を見るだけで、ジェラートの美味しさが伝わるでしょ!?

湖岸のベンチに座って頂きました♪最高じゃ~☆
        Img_4710
うまし、うまし。

今日もお付き合いありがとうございました。
次回は、レンタカーでロカルノへのドライブ。マッジョーレ湖や緑豊かな山々が広がるパノラマビューをご紹介します。

To be continued・・・

2009年7月10日 (金)

キラキラ光るものって、やっぱり好き!! vol.2

最近、旅行日記が続いてるので、ちょっと箸休め(?)ならぬブログ休め。


大変人気のお教室の予約が取れたので、先日また行ってきました♪
        Img_5602
愛らしいブルースターがお出迎え☆

え??なんのレッスンか?って??ふふ。2月に一度いったメタルビーズのお教室です。
今回は、先生が作ってくださるお弁当がセットになったコースを選ばなかったのですが、大大大満足☆

だって、他の生徒さんとのおしゃべりを楽しみながら、こつこつ、じみーーに(笑)ビーズを貼る作業は楽しいのです♪
そして、何とといっても先生の優しいお人柄☆ びっくりするほど美人さんで、朗らかでトークが楽しく、大好きなんですもの。


そして、今回作ったのが、コレ♪
        Img_5643aaa_2
イカリと浮き輪と舵です。
白いシャツにくっつけようかしら~。イカリってこんな形ですよね??
超テキトーっ><  凝視禁止です。


また予約が取れればいいなぁ~。
今度は、やっぱり先生のお弁当も食べたいな☆

ご一緒してくださった皆さん。そして先生、楽しいひと時をありがとうございました~。
また、お目にかかれる日を楽しみにしています♪

        

2009年7月 8日 (水)

南スイス ティチーノ地方と北イタリアの旅 ~ヴィーコ モルコーテ~

<3日目 ヴィーコ モルコーテ>

延々歩くと、ヴィーコ モルコーテに到着♪
可愛い石畳の小道と坂・・・そして花に彩られた村は本当に美しいです。
       Img_4601


長閑な村も建設ラッシュ☆ どこぞの別荘??というカッコイイ建物も。
工事の人たちが「ジャポネーゼ??」と手を振って叫んできました(笑)
 Img_4598 Img_4623

いたるところに、湧き水が。とっても冷たくて美味しい♪
 Img_4609 Img_4630

いよいよ、ヒューの想い出の地、セミナーハウス♪に到着。学校名が変わっていました。
昔の写真を持って行き、セミナーハウス内のレストランのおじさんがいるか確かめましたが、代変わりしていました。でも、お店の方は、とっても喜んでくれました。
 Img_4647 Img_4651
 Img_4622 Img_4667
貧乏学生は、レストランで毎日食べれないので、ルガーノや丘の下の商店へ買い出しに出かけたそうです。 チーズが美味しいからカルボナーラばかり作ったとか(爆)

プラムを買ってきて、この湧き水で冷やしたとか・・・
想い出話に花が咲きます。
ヒューがうるうるして話します。
よかったねーーー。またこうして来ることができて!!

そして、当時行くことが出来なかった近くのオステリア「BOECC」。
こちらでお昼を頂くことに。
とっても素敵なマダム二人がお店を切り盛りしています。可愛いお店でしょ?
お料理も最高に美味しいのです☆
素材が違うんだな。。水ひとつ、オリーブオイルひとつとっても。。。
       Img_4680

「すぐ側のセミナーハウスで10数年前に建築の勉強をした。」とヒューが当時の写真を見せ、話がもりあがりました。

お店のマダムは、日本食に興味津々。近くにある日本料理店で寿司を食べたことがある。とっても美味しいけど、とても高い。。。と嘆いてました。
ヒューも、当時食べに行ったお店らしいのですが、正直アレを日本料理とおもったら大間違いだって(爆)でも、地元の人には珍しいし、美味しいらしい。。。

「日本でもお寿司は高いよ。いつも、お寿司を食べてるわけではないよ。」と話すと、「じゃ、いったい何を食べてるの?」だって(笑)
 Img_4676 Img_4678_2

チェックする際、レジにいたお店のマダム二人に
「この村は何も変わらないけど、主人の体型だけは変わったわ」と話したら、大うけ(爆)
色あせた一枚の写真とテラスにいる主人を見比べて笑ってました。
これは、女三人のナイショ話です(爆)

ルガーノやモルコーテには、建築家マリオボッタやマリオカンピの作品が多数あり、セミナーハウスの近くのシェルターにも行きました。

そして街へと坂を下って行きます。画家の家でしょうか?(左)。パレットが表札☆
近くにデッサンしている女性に出会いました。
 Img_4507 Img_4517
 Img_4683 Img_4693
 Img_4644 Img_4688_2

ちょっと長くなったので、今日はこの辺で。
次回は、今まで食べた中で一番美味しかったモルコーテのジェラート屋さんの紹介です。

今日もお付き合い頂きありがとうございました。

To be continued・・・

2009年7月 6日 (月)

南スイス ティチーノ地方と北イタリアの旅 ~モルコーテ~

<3日目 モルコーテ>

ヒューにとっては、この旅一番のメイン。それは、ヴィーコ モルコーテへ再訪すること。

さて、ルガーノからこれまたバスに揺られて、まずは、モルコーテを目指します。
ルガーノ湖のほとりにある美しい村。昔から漁村として栄え“ルガーノ湖の真珠”とも呼ばれているそうです。
         Img_4589_2


約400段の階段を上ったら、ルネサンス・バロック様式の「サンタマリア・デル・サッソ教会」が見えてきました。

         

 Img_4581 Img_4522

 Img_4518 Img_4511

あまりの坂と階段におばあさん達も一休み
 Img_4533 Img_4580

教会に到着☆
       Img_4561

汗が一気にひきました。ひんやりして、そこだけ時間が止まっているような空間・・・
湖を見下ろす墓地、とっても綺麗☆
 Img_4543 Img_4547

教会のさらに上へと登ってみました♪可愛いベンチ☆
 Img_4583 Img_4593

そして広がった一面の大パノラマ~♪
 Img_4595_2
あーーーっ。疲れた~。でも気持ちがいい~♪

そして、次は、いよいよ ヴィーコ モルコーテへさらに歩いてきます☆
この時、既に出発してから2時間も坂や階段を昇りっ放し(爆)
この旅は、脚が勝負です(爆)

少し長くなったので、ヴィーコ モルコーテの様子は次回ということで。
今日もお付き合いありがとうございました。

 Timorcote
(スイス観光協会から拝借)湖面からはこんな感じで見えます☆教会も見えますね。

To be continued・・・・

 
        

2009年7月 5日 (日)

南スイス ティチーノ地方と北イタリアの旅 ~ルガーノの街~

今やこんなwebカメラもあるから、ルガーノを日本から覗けます(笑)

可愛い坂と湖の街・・・

       Img_4371dde

坂を上ると素敵な教会もあります・・・
 Img_4338 Img_4349
ステンドグラスも綺麗。ロウソクに火を点し旅の安全を祈ります
 Img_4358aa Img_4363

ケーブルカーも大活躍・・・ みんなの脚です☆
 Img_4719aa Img_4723

スーパーもありますが、小さな可愛いお店も沢山☆
 Img_4475 Img_4470

さて、20時も回り、そろそろ夕食を食べに出かけます。
       Img_4369
       
お昼に見つけることが出来なかった『Del Sole』へ。
またもや3番の路線バスに揺られて丘を登ります・・・
(お昼の間に写真を撮っておきました☆)
       Img_4204

勿論、テントが張ってある外でみんな頂きます♪大きいピザなので、二人で1枚食べることに・・・
(他のお客さんは小さな子供も1枚注文・・・結局食べきれず・・・大量に残ってました>< 『mottainai』精神は未だに浸透せず。。やはり日本特有のものなのでしょうか・・)
       Img_4376
ちゃんと2つに切って、さらに卵もそれぞれ乗せてくれました☆ありがとう!!
陽気な店員さん達。地元の方が集まるのか、私達が入っていったら何故か注目の的でした。。。
鳴門渦子さんに教えてもらった、デルソーレの『デルソーレ』卵が太陽を意味してるのかな?最高に美味しかった。今回の旅でNO1のピザでした。
       Img_4378aa

さすがに、23時になるとそろそろお帰りの時間。満席だったテーブルも人が減ってきました。

ルガーノ散策、ガンドリア散策、そしてお目当てのデルソーレに行くことが出来て大満足の2日が終了。夜が長いのでめいいっぱい遊べます(笑)

次回は、いよいよ主人が学生時代に数ヶ月過ごしたヴィーコ モルコーテとモルコーテの紹介です。ここも素敵な村なんですよーーー。

今日もお付き合いありがとうございました。

To be continued・・・

2009年7月 3日 (金)

南スイス ティチーノ地方と北イタリアの旅 ~ルガーノ ホテル紹介~

ルガーノ滞在中は、Hotel International au Lac ★★★に宿泊しました。
(booking.comから予約)
ルガーノ駅からは、街までケーブルカーか、又は歩いて湖畔まで降りるため、今回ばかりは、タクシーを利用♪スーツケースでの旅で移動が多い場合は、荷物をいかにスムーズに運ぶかがカギ(笑)


このホテルは、約100年の歴史を誇り、2007年 イコモス/ユネスコにより、「Historic Hotel with Honour(歴史的な名誉ホテル)」として重要文化財建築に指定されています。

とっても楽しみにしていたこのホテル。
だって、この旅一番長い3泊です。(他は全て1泊・・)

期待を裏切りませんでした。
フロントは、どのスタッフも感じがよくて親切、優しい人ばかり。
ルームキーパーの方やウェイター、庭師もみんな優しいです。(明るい、といっても、妙にテンションが高いわけでもなく、大人な雰囲気(笑)です。)


(湖から外観を撮った写真は、盗まれたデジカメの中・・・HPより拝借)
         890516

宿泊者は、割とご年配の方が多かったかな?
ドイツ語やフランス語が多かったように思います。


お部屋もとっても可愛いのです。湖が見えるお部屋でラッキー☆
 Img_4317_2 Img_4323 

  Img_4379 Img_4401aa
お庭では、朝食後、湖を眺めのんびりしたり。
夜、ティチーノ産のワインとサラミ、チーズを持っていって食べたり、飲んだり、おしゃべりしたり。。。 至福の時です。。。
素敵な秘密の庭って感じです。。

ぼーーーっとする時間って、贅沢のなにものでもないですよね。。。

 Img_4428aaa Img_4393

ここにも、大きなチェスが(笑)
あと1日滞在が長かったら、H&Mで水着を買って、間違いなくプールに入ってました(笑)

 Img_4429 Img_4427aa
 
朝食を頂くレストランも素敵です。Barも重厚な感じ。。。
 Img_4390 Img_4444_2
 Img_4448 Img_4442

とまぁ、80部屋のなんともこじんまりした可愛く上品なホテルでした。
今回は、のんびりホテルで時間を過ごす事ができなかったので、あと1日長く滞在したかったかぁ。。なんて強く思いました。

さて、次回は、ルガーノの街散策とこの旅で一番美味しかったピザのお話です☆

今日もお付き合いありがとうございました♪

To be continued・・・・

 

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »